株式信託 株式信託

株式信託

株式信託とは

事業承継において、「相続財産となると株式が分散し、会社が分れるしかねない」「株価が高く、後継者への贈与や売買ができない」「株価は低いが後継者にすべてを任せるには不安がある」など株券をめぐる問題を多くの中小企業が抱えています。その際に利用できるのが「株式信託」です。「株式信託」をうまく活用する事によって、相続による分裂を防止し、計画的な事業承継ができるなどの利点があります。

株式信託のメリットとデメリット

メリット

  • 株式から得られる利益(配当を受ける権利)は自分のため贈与税はかからない
  • 信託契約の内容次第によりある程度議決権をコントロールできる
  • 連続して受託者を定め、後継者を計画的に決めることが出来る

デメリット

  • 株式が上場株式の場合、様々な規制の対象となる
  • エンプティ・ボーティングの弊害が起きる

株式信託を進める流れ

会社法上の問題点、エンプティ・ボーティングの弊害など、十分な検討が必要です。弁護士法人あい湖法律事務所では事業承継に強い弁護士が在籍しており、信託契約の作成から社団法人の設立、助言、支援等も行っております。
幅広い知見や多方向方の意見に基づき様々なアドバイスをすることができますので、まずはご相談ください。