滋賀県大津市の弁護士による 滋賀の遺言・相続解決サポート

あい湖法律事務所
滋賀県大津市京町3丁目3-1

0120-001-694

受付時間/毎日9:00~20:00 定休日/なし

遺言・相続のご相談予約
お問い合わせ

遺言書作成

遺言書作成時の財産調査

遺言書を書くために、まずすることは、自身の財産をすべて把握することです。案外、忘れていた財産も有ったりします。長期間放置していた、少額残高の銀行口座などです。財産の総額を考慮して、遺言書を書かないと、後々余計な紛争が生じたり、そもそも、遺言の内容が変わってきたりします。

実際、遺言書にすべての財産が記載されていないために、結局、記載されていない財産について、遺産分割をしなくてはならなくなり、そこで紛争が生じる場合をたまに見かけます。そんなことになっては、本も子もありません。

 

生命保険金の受取人

生命保険の受取人が誰になっているのか確認しておきましょう。遺産分割の対象とはなりませんが、相続人の公平性を著しく欠く、生命保険金があるならこの財産を相続させる必要がなかったなんてこともあります。

価額の変動が大きい財産の確認

株、投資信託、外貨建て金融商品等は、死亡時の評価が、現在と著しく違う可能性があります。

相続税の対策

相続税は、原則として、死亡から10カ月以内に、現金で納付しなければなりません。したがって、相続財産が、3,000万円+600万円×相続人数を超える可能性がある場合は、現金をどうやって用意するのか、誰が支払うのかを考えておきましょう。また、様々な控除を受けられるように、相続税を抑えるために生命保険等金融商品を買っておくなんて対策もあります。この対策は、なかなかご自身で考えるには細かい知識が必要です。

遺言・相続に精通した当事務所の弁護士にご相談下さい。