滋賀県大津市の弁護士による 滋賀の遺言・相続解決サポート

あい湖法律事務所
滋賀県大津市京町3丁目3-1

0120-001-694

受付時間/毎日9:00~20:00 定休日/なし

遺言・相続のご相談予約
お問い合わせ

遺言書作成

遺言の種類について

遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言、危急時遺言があります。

自筆証書遺言

遺言者が、全文と日付・署名・押印をして作成します。書式に決まりはありませんが、必ず自書する必要があり、パソコンや代筆は認められません。遺言者の意思を確認し、偽造を防ぐためです。

【メリット】
  • 内容を誰にも知られずに残すことができる。
  • 遺言を作成したこと自体を秘密にできる。
  • 費用が掛かからない。
【デメリット】
  • 家庭裁判所で検認が必要。
  • 真の意思が反映されているかと争いが生じ得る。
  • 遺言書が発見されず、遺言の存在自体が知られない可能性がある
  • 発見者の恣意により破棄される恐れがある。

公正証書遺言

証人二人と公証役場へ行って、公証人の面前で遺言の内容を伝え、公証人が、遺言書の内容が真の意思であることを証明した遺言を残してくれる。

【メリット】
  • 家庭裁判所の検認不要。
  • 公証人役場に原本が保管されているため、消失・偽造・隠ぺいが防げる。
  • 遺言者の意思であることが証明される。
  • 全国の公証役場で検索できるので、遺言書が発見されないということがない。
【デメリット】
  • 公証役場に支払う費用がかかる

秘密証書遺言・危急時遺言

これらの遺言を残すことは、かなり稀です。知っておこくことで、もしかしたら、これらの遺言を残すこともありうると言えばありうるのですが、、。

遺言書を残しておくことは、残された家族のためでもあります。争族にならないように、遺言書を遺すことを強くおすすめいたします。アドバイスだけでも、致しますので、遺言・相続に詳しい当事務所に相談ください。