滋賀県大津市の弁護士による 滋賀の遺言・相続解決サポート

あい湖法律事務所
滋賀県大津市京町3丁目3-1

0120-001-694

受付時間/毎日9:00~20:00 定休日/なし

遺言・相続のご相談予約
お問い合わせ

財産調査

相続財産の調査とは

被相続人が、財産目録(遺産目録)を残してくれていればいいのですが(それでも、すべてが記載されているとは限りませんが、、)、なんら財産の在りかについて残してくれていない場合、財産調査を行って、すべての相続財産(遺産)を把握しなければなりません。

では、どうやって相続財産(遺産)を調査するのでしょうか。

不動産

固定資産税の納税通知書、または、名寄帳を取得します。

不動産の所有者には、固定資産税の納税通知書が送られてきます。注意してほしい点があります。これは、その市区町村内にある不動産かつ固定資産税が発生している分についてのみしか、記載されていません。したがって、非課税の不動産は記載されていませんので、念のため、非課税分も含めた固定資産税の評価証明書を取得すべきです。

また、その市区町村内にある不動産のみですから、他の市町村に不動産を持っている場合には、それぞれの市区町村に請求しなくてはなりません。

現金・預貯金

通帳や電子メールから、どの金融機関に口座があるか探します。ネット銀行ですと、通帳がないのが一般的です。したがって、電子メールや郵便物を確認せざるを得ません。最近では、比較的年配の方でも、ネット銀行に口座を持っています。昔のように、家の近くの銀行のみだということはありません。したがって、探すのはとても大変です。

金融機関に対しては、通帳記帳をしてもらうか、残高証明書を発行してもらいましょう。

借地権や貸借権

契約書等、登記簿謄本を確認しましょう。登記をすることは、義務ではありませんし、一般的に、賃借権を登記している人はすくないです。

生命保険

保険証書を探してみましょう。なければ、保険会社に直接問い合わせましょう。

借金も探す

カード会社からの支払い請求書、税金未払いの督促状、登記簿謄本から抵当権の有無。

以上のとおり、相続財産(遺産)調査はとても大変です。この相続財産(遺産)調査の過程で家族がいがみ合う場合も少なくありません。生前に財産目録を作成することをお勧めします。