滋賀県大津市の弁護士による 滋賀の遺言・相続解決サポート

あい湖法律事務所
滋賀県大津市京町3丁目3-1

0120-001-694

受付時間/毎日9:00~20:00 定休日/なし

遺言・相続のご相談予約
お問い合わせ

財産調査

みなし相続財産とは

相続財産(遺産)ではないが、相続税の課税対象となる財産を言います(相続税法3条)。

たとえば、つぎのようなものです。

  • ・被相続人が死亡する3年前までの間に贈与した財産
  • ・生命保険金
  • ・死亡退職金

ただし、相続税の課税対象となるからといって、必ずしも相続税を支払わなくてはならないということはありません。

被相続人が死亡する3年前までの間に贈与した財産

相続人が死亡する直前のかけこみ贈与によって、相続税を抑えることを防止する目的です。

生命保険金

生命保険金の受取人が、被相続人である場合は、そもそも相続財産となります。

しかし、保険金の受取人が、相続人になっている場合は、みなし相続財産になります。保険料の支払いは被相続人であり、被相続人の財産であったものが、被相続人の死亡により相続人に引き継がれるものであるからです。したがって、保険料負担者により、贈与税になったり、所得税になったりします。

保険料負担者 被保険者 保険金受取人 税金の種類
被相続人 被相続人 相続人 相続税(基礎控除の特典あり)
相続人:妻 被相続人 相続人:子 贈与税
相続人:妻 被相続人 相続人:妻 所得税

死亡退職金

死亡退職金の受取人が被相続人になっている場合には、そもそも相続財産になります。 しかし、受取人が相続人になっている場合には、みなし相続財産となります。

目的は、生命保険金と同じです。