滋賀県大津市の弁護士による 滋賀の遺言・相続解決サポート

あい湖法律事務所
滋賀県大津市京町3丁目3-1

0120-001-694

受付時間/毎日9:00~20:00 定休日/なし

遺言・相続のご相談予約
お問い合わせ

遺産をのこす

遺言は、あなたの死後家族が幸せに 仲良く暮らすためのメッセージです

遺言書があればできること

自分の財産をどう処分するかは自由。誰に・何を・どれだけ渡すかは法定相続分より優先します。

家族や親戚の間で骨肉の争いが起こったり、希望に沿わない相続が行われたりすることがないよう、遺言書を作っておくことをおすすめします。遺言書を書くことで生じるトラブルは、遺言書を書かなくても生じたトラブルです。つまり、遺言書を書くデメリットはほとんどありません。遺言書の作成の方法は、民法で厳格に定められています。無効な遺言書を書くなんてことの内容に、遺言・相続に詳しい当事務所に安心してご相談ください。相続税の対策等様々な対応のアドバイスも致します。

「もめるほど財産は無いから」とお考えですか?

家庭裁判所に持ち込まれている相続の争いのうち、75%が相続財産(遺産)総額5,000万円以下、35%が1,000万円以下です。現金がほとんどなくても、家と土地があるだけで、1,000万円は超える可能性があります。というか、相続財産(遺産)が家と土地だけの場合は、かなりの高確率で紛争が起きます。

「家族の仲が良いから」とお考えですか?

今、仲が良いからと言って、未来永劫、喧嘩しないのですか?もしそうであるなら、どうして離婚する夫婦が、33%もいるのでしょう。仲が良くて結婚したのではないでしょうか。むしろ、仲良し家族程、何でも言い合えることで、いったん紛争が生じると、骨肉の争いとなり、今後一切接触することがないという紛争になり兼ねません。

争族(相続)対策に遺言書を書きませんか