滋賀県大津市の弁護士による 滋賀の遺言・相続解決サポート

あい湖法律事務所
滋賀県大津市京町3丁目3-1

0120-001-694

受付時間/毎日9:00~20:00 定休日/なし

遺言・相続のご相談予約
お問い合わせ

寄与分

寄与分とは

ある相続人が、被相続人の遺産(相続財産)について、維持(本来なら低下していた)した場合、(ほっといたら維持にすぎないのに)増加させた場合に、その遺産(相続財産)総額を公平に相続人に分割したのでは、不公平が生じますので、その不公平を是正するための制度です(民法904条の2)。
どのような場合がと言いますと、被相続人の営んでいた事業を手伝い、成功に著しく貢献した、被相続人の財産の投資管理をして、著しく増加させた、という場合です。

寄与分の計算方法

  • 被相続人の財産3000万円
  • 相続人滋賀びわ子(妻)と二人の子ども(滋賀太郎、大津花子)
  • 寄与者滋賀太郎が海外不動産に投資をして1.5倍にした。

法定相続分に沿って、遺産分割した場合

滋賀びわ子 1500万円、滋賀太郎 750万円、大津花子 750万円

滋賀太郎の貢献がなければ、相続財産(遺産)は2000万円でした。そうすると、各相続人の相続分は、

滋賀びわ子 1000万円、滋賀太郎 500万円、大津花子 500万円

これに、滋賀太郎に貢献した分を加えます。

滋賀太郎500万円+1000万円(寄与分)=1500万円

ただし、寄与分の額は、客観的に計算することは通常困難です。したがって、相続人間で協議して決定します。なかなか協議で決めることは難しいでしょう。その場合、家庭裁判所に調停や審判を申立てることが出来ます。遺産・相続に詳しい当事務所の弁護士にご相談ください。