滋賀県大津市の弁護士による 滋賀の遺言・相続解決サポート

あい湖法律事務所
滋賀県大津市京町3丁目3-1

0120-001-694

受付時間/毎日9:00~20:00 定休日/なし

遺言・相続のご相談予約
お問い合わせ

相続・遺産分割について

不在者がいる

不在者とは、戻る見込み、行方不明等連絡とることが困難な状態である者をいいます。遺産分割協議は、相続人全員の参加が必須ですので、不在者がいる場合、遺産分割協議が出来ません。以下2つの方法によって遺産分割協議を進めていくことが出来ます。

  • ・失踪宣告
  • ・財産管理人の選任

失踪宣告の場合

失踪宣告とは、不在者のことを死亡したとみなして遺産分割協議を進めていく方法です。
ただし、失踪宣告が認められるのは、その人が最後に生存していることが確認されたときから7年が経過していなければなりません。(※大災害や船の沈没、戦争など特別な危難に遭遇したことが行方不明の原因である場合には危難の時点となります。危難が去ったときから1年間行方不明の場合には失踪宣告できます。)
この失踪宣告は、時間がかかりますので、早期に手続きを進めましょう。

財産管理人を選任する場合

財産管理人とは、遺産分割協議に参加する等、不在者に代わってその財産を管理する人のことです。不在者財産管理人は、不在者の従来の居住地を管轄する家庭裁判所に不在者財産管理人の申立てを行って選任してもらいます。

適正な法的手続きが必要ですから、遺産分割協議を円滑に進めていくために、遺言・相続に詳しい当事務所に安心してご相談ください。