滋賀県大津市の弁護士による 滋賀の遺言・相続解決サポート

あい湖法律事務所
滋賀県大津市京町3丁目3-1

0120-001-694

受付時間/毎日9:00~20:00 定休日/なし

遺言・相続のご相談予約
お問い合わせ

相続・遺産分割について

遺産分割の方法

遺産分割の方法

遺産分割には、主に次の3つの方法があります。

① 現物分割 ② 換価分割 ③ 代償分割

相続財産の性質によって、いずれかまたは複数の適切な方法を選択します。

現物分割

現物分割とは、相続財産をそのままの状態で、分割する方法です。

例えば、現金、土地、建物が相続財産にあり、一人の相続人が土地を受けとるということです。

現物分割のメリットは、相続財産をそのまま移転するだけであるから、移転の手続きのみで足りることです。しかし、デメリットとして、他の相続人との評価額における公平性を保つことが難しい場合があります。

相続財産が、「もの」ばかりで、「現金または現金化の容易なもの」が少ない場合には、この分割方法は調整が難しいといえます。

換価分割

相続財産を、一度売却等して現金化してから、現金を分割する方法です。
相続財産を現金に換えてしまうので、財産評価が容易ですから、各相続人に対して、公平性を保ちつつ分割できるというメリットがあります。一方で、今後、値上がりが期待でき物も、その時点で売却するというデメリットがあります。

また、誰も利用しない不動産ばかりある場合には有効な方法ですが、既に誰かが住んでいるなど利用している場合には、選択できない方法です。

代償分割

相続人のうち一人が、不動産などを相続し、他の相続人との間で生じる評価額の差額を、現金で渡す方法です。

相続財産に不動産が多く、現金が少ない場合で、その不動産を相続人の一人がどうしても相続したいという場合に選択される方法です。不動産を相続する相続人が現金を用意しなければならないことが問題です。

相続人が、相続税も支払わなければならないこともあります。このようにならないように、現金をも、生命保険等で残してあげると紛争の種か一つ減ります。

代償分割は、最も争いになりやすい方法です。買い取るのが相続にということになりますから、土地の評価額を相続人間で争うことになります。代償分割を選択される場合には、遺言・相続に詳しい弁護士あい湖法律事務所にご相談ください。