滋賀県大津市の弁護士による 滋賀の遺言・相続解決サポート

あい湖法律事務所
滋賀県大津市京町3丁目3-1

0120-001-694

受付時間/毎日9:00~20:00 定休日/なし

遺言・相続のご相談予約
お問い合わせ

相続税

土地の評価

相続税だけでなく、贈与税でも同じなのですが、税額を計算するにあたり、土地価格を評価する必要があります。相続税法(22条)には、時価により財産の価格を評価するとあります。しかし、時価とは、その時に、欲しい人と売りたい人の価額が一致して初めてわかるものであり、客観的に争いない時価を算出することは困難です。そうすると、納税する方もどう評価して良いかわからず困ってしまいます。そこで、税金を納めるために、土地を評価する方法が定められています。その方法は、主に、路線価方式倍率方式の二つの方法があります。

どのような道路にどれくらい面しているかによって、土地の価格は、大きく左右されます。それらを考慮するのが、路線価方式であり、路線価が定められている地域でしか用いることが出来ません。路線価が定められていない場合、倍率方式を採用することになります。

路線価方式

路線価とは、路線(道路)に面する標準的な宅地の1平方メートル当たりの価額のことを言います。この路線価を基準にして、その土地の形状等(奥行、土地の形状、間口の大きさなど)に応じて、一定の補正を加えて、計算します。

倍率方式

その土地の固定資産税評価額に一定の倍率を乗じて計算します。

路線価及び評価倍率表は、国税庁のホームページで確認できます。