滋賀県大津市の弁護士による 滋賀の遺言・相続解決サポート

あい湖法律事務所
滋賀県大津市京町3丁目3-1

0120-001-694

受付時間/毎日9:00~20:00 定休日/なし

遺言・相続のご相談予約
お問い合わせ

相続税

不動産以外の評価について

相続財産の評価額を把握するには、それぞれの相続財産を定められた方法にしたがって評価する必要があります。 現金又は換金性の高いものは、評価は容易というか、そのままの価格となります。

預貯金の評価

被相続人の亡くなった日の残高(普通預金や定期預金等)です。しかし、その日だけでなく、亡くなった日の前後の取引も確認しておいた方が良いでしょう。特に亡くなった後であれば、キャッシュカードか印鑑を持った人が勝手に引き出していることになります。

生命保険の評価

生命保険金は、相続人固有の財産であり、遺産ではありませんから遺産分割の対象とはなりません。しかし、被相続人が支払っていた生命保険契約で、受取人が相続人であった場合は、相続を原因として、被相続人の財産が、相続人に移転することになりますから、相続税の対象となります。ただし、生命保険料控除があることをお忘れなく(相続人×500万円)。

未収金の評価

退職金や貸付金等の未収金も債権であり、遺産です。死亡退職金、死亡後に払われる生前の給与、貸付金をも遺産に加える必要があります。