滋賀県大津市の弁護士による 滋賀の遺言・相続解決サポート

あい湖法律事務所
滋賀県大津市京町3丁目3-1

0120-001-694

受付時間/毎日9:00~20:00 定休日/なし

遺言・相続のご相談予約
お問い合わせ

相続税

相続税の申告

その相続の開始があったことを知った翌日から10カ月以内(原則は、被相続人が死亡してから10カ月以内)に、税務署に申告書を提出して、納税しなければなりません。

相続税の申告が必要なケース

遺産総額が3000万円+600万円×相続人数を超える場合には、相続税の申告が必要になります。それ以外にも、なんらかの特別な控除を利用する場合等には、申告が必要になります。本人が勝手に控除した結果、相続税が不要だと判断しても、税務署に対して、相続税が不要だと申告しなければなりません。

修正申告

相続税の申告・納税が済んでから、申告額が過少だったことに申告者自ら気づいた場合や税務署から指摘があった場合には、修正申告を行わなければなりません。

更正の請求

相続税の申告・納税が済んでから、申告額が過大であった場合には、更正の手続きを行わなければなりません。これには期限があり、本来の申告期限から5年以内に限り、税務署長宛に更生の請求をすれば、納付した税金が還付されます。

申告書の提出先

被相続人の住所地を管轄する税務署に提出します。